ホーム ニュース プロフィール みすゞ仕様 仕事 仕事の流れ リンク アクセス

建築家と設計事務所の仕事
建築家とは何をする人でしょう?

■建築家は、依頼主の『夢』を「かたち」にする仕事をしています。専門知識や感性を駆使して依頼者に代わって『夢』を実現するお手伝いをするのです。私たちは公共建築をはじめ様々な建築の設計をしていますが、その中でも住宅の設計は建築の本質(原点)であり生活の基本です。ひとつひとつ大切に取組んでいます。


■「建築家」とは、施工業者さんから独立して設計と工事監理を行い、建て主さんから報酬を受ける人です。建築家は計画する建物をまず図面で表し、それを実現させるわけですが、その過程で、工事費や工事内容が適正かどうかを監理します。これは施工業者さんの立場ではできない事です。
建築のアマチュアである建て主さんが、プロである施工業者と契約をする場合に「建築家」はプロとして建て主を守る職業だと言ってもよいでしょう。このことは住宅を建てる方には重要です。従って、信頼し合い、手を取りあって家づくりを行う建築家との出合いと面談はお見合いに例えられます。良い人にめぐり合えますよう...。


住宅設計での設計事務所の仕事のながれは?
1. 調査・企画業務

■調査・企画業務依託契約

建築の希望があったとしても、すぐに設計にかかるわけにはいきません。なぜなら建築はたくさんの法律や利害関係に囲まれています。建築主の希望を実現する為に、はじめに調査・企画業務契約書を交わし、さまざまな情報を集め、また現地調査や行政との打合わせなどを行い、報告書の作成などを行います。

■調査・企画業務内容


・立地や法的な条件を調査します。土地が決まっていない場合は土地探しのお手伝いを一緒にする場合もあります。増築、改築、民家再生などの場合は既存建物の調査が特に大切です。

・この段階で当社で用意している「マイホーム・カルテ」への記入をして頂き、家族構成、現在の住まいと暮らし方、新居への夢や希望など綿密なヒアリングをしながらの話し合いをしていただきます。

・予算・工期・敷地等、諸条件も含めてどんな家が一番いいのか大まかな構想を立てます。




現地測量
2. 建築設計・監理業務

■建築主と建築家は調査・企画業務契約によってつくられた報告書をもとに、さらに打合わせを重ねてお互いが信頼できるパートナーである事を確認したうえで、建築設計・監理業務契約書をむすびます。これらの業務は主に以下の3つです。


 1)基本設計

■建築家は建築主の希望をできる限り実現しながら、安全性や快適性、近隣の町並みなどに配慮して構想を練っていきます。そして、建築の規模、かたちを決定し、基本設計図書をまとめます。(この段階が最も大事です。何度か計画図にもとづき、納得がいくまでキャッチボールを行います。)


 2)実施設計

■建築家は基本設計の構想をもとにさらに建築主と打合せを重ね、生活に密着したもっと詳細な図面や仕様書などを作成していきます。こうして作成された設計図書が、工事の請負契約書のもとになります。(施工者が見積ったり、工事に使うミリ単位の図面が1軒の住宅で40〜50枚程になります。)
設計図書は次のような図面で構成されています。


1. 共通仕様書 2. 仕上げ表 3. 配置図・面積表 4. 各階平面図 5. 立面・断面図
6. 断面詳細図 7. 展開図 8. 建具表 9. 家具図 10. 外構図

11. 構造図(各伏図・軸組図)12. 電気設備図 13. 衛生・空調設備図


 3)監理業務

■最終決定した実施図面で、建築確認申請などを建築主に代行して行います。

■工事を行うにあたって建築家は建築主に施工者選びのアドバイスをします。施工者からの見積もりのチェックを行い、良心的で適正な価格で施行してもらえる施工者を選定します。決まれば続いて工事請負契約締結の立合いを行います。

また、工事が始まれば建築主に代わって、適正に工事が行われているかを監理し報告します。

■工事監理内容

・図面通りの施工か、部材は指定通りか等細かくチェックするため、定期的に現場へ行き確認、必要により指示を出します。

・ 途中で変更があれば、予算や工期、現場との調整をとりながら対応していきます。

・工事が完成すると、設計事務所による検査、関係官庁の竣工検査を受け、指摘箇所があれば手直しをして、引渡しとなります。最後に監理業務完了報告書を建築主に提出し、承諾を得ます。


 


模型による検討


1軒40〜50枚にも及ぶ実施図面


材木検査


建方


現場監理

3. 完成後
■住み心地は?困ったことは?完成後も建築家との付き合いは続きます。

■家族と一緒に育つ家を私達がサポートします。



 4. 終わりに
以上が建築主と建築家が交わす契約の主な流れです。

出会いから建物の完成まで、建築主と建築家は互いに信頼を得て、さまざまな業務を通して、ともに「夢」を「かたち」に変えていきます。また、建築家と建築主とともにアフターケアなどの業務を通して、新しい生活を創ることに協力していきます。




Copyright (C) 2009 MISUZU SEKKEI All right reserved.